[戻る]
■ジュニアワールドカップ並びに世界ジュニア選手権に出場するウィリアムソン レミ選手が県体育協会を訪れました。2018. 2.19

 3月2日〜4日、アメリカ・ソルトレイクシティで開催される「ジュニアワールドカップスピードスケート競技会最終戦」、3月9日〜11日、同会場で行われる「世界ジュニアスピードスケート選手権」に、日本代表として出場するウィリアムソン レミ選手(山形中央高3年)が、同校の遠藤淳一教頭、スケート部顧問の椿央先生とともに来訪しました。
 ウィリアムソン選手は、2月中旬長野で行われた全日本ジュニアスピードスケート選手権大会において、3000m・マススタートで優勝という好成績により、選考対象となりました。
 ウィリアムソン選手からは、「シーズン最後の大会となるので、コンディションを合わせて、表彰台を狙っていきたい。」との力強い決意表明がありました。
 インターハイ、国体、全日本選手権と素晴らしい成績を収めてきたウィリアムソン選手。世界に羽ばたき、4年後には、現在平昌五輪で活躍を見せているお兄さんのウイリアムソン師円選手と共に五輪の表彰台に立つ姿が見たいものです。