[戻る]
■全日本卓球選手権ホープスの部で優勝した鈴木颯選手が県スポーツ会館を訪問しました。2016. 8.17

 7月29日〜31日、神戸市で開催された「全農杯平成28年度全日本卓球選手権大会」ホープスの部男子(小学5、6年)で優勝した鈴木颯(はやて)選手(鶴岡市立朝暘第5小6年)が、県卓球協会奥山淳一普及部長、鈴木卓球監督(父)の鈴木美紀夫さんと共に大会報告に訪れました。
 同大会での優勝は、4年時のカブの部(同3、4年)に続いて2回目です。
 また、5月28〜29日東京都で行われた「平成28年度東アジアホープス予選会」では、日本代表の主将を務め第1位という素晴らしい成績を収め、中国・上海で開催される「東アジアホープス卓球大会(8/27〜28)」に出場します。
 今春からナショナルチームメンバーに入った鈴木選手、より高いレベルでの練習を重ね、東京五輪では活躍する姿をぜひ見せてほしいものです。