[戻る]
■「長崎がんばらんば国体」に出場する山形県選手団の結団式が開催されました。2014.10. 7

 長崎県で開催される第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体」(主会期:10月12日〜22日)の山形県選手団の結団式が6日、山形テルサで行われました。
 本部役員、監督、選手等約300名が参加した結団式は、初めに団長の吉村美栄子知事(県体育協会会長)より、旗手を務める阿部竜平選手(ウエイトリフティング少年男子)に県旗を手渡されました。
 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督、ノルディックスキーで冬季パラリンピック3大会に出場した太田渉子選手から激励のビデオメッセージが寄せられた後、「向上無限」の精神で限りなく上位を目指して頑張ってほしいとの願いを込めた「向上無限Tシャツ」が、副団長の武田浩一県体協理事長から選手団に贈呈され、各競技選手団より力強い決意表明が述べられました。
 最後に、副団長の早坂孝県体協副会長の声高らかな勝鬨で結団式を締めくくりました。
 併せて、東北総合体育大会功労者表彰式、アンチ・ドーピング研修会、監督会議を行い全日程が終了しました。チーム山形の大奮闘を期待しています。