[戻る]
■FIBA U-17バスケットボール世界選手権に日本代表として出場する前田悟選手が訪問しました。2014. 8. 1

 8月8日〜16日、アラブ首長国連邦ドバイで開催される第3回FIBA U-17男子バスケットボール世界選手権大会に、日本代表として出場する前田悟選手(山形南高校3年・金井中卒)が、同校の佐藤政士校長、バスケットボール部の細谷尚寿監督と共にスポーツ会館を訪れました。
 前田選手は昨年に引き続き、キャプテンとしてチームを牽引する責務も担っての出場です。「初戦ではフランス、オーストラリア、カナダと当り、アジア大会より一層強豪との対戦になります。キャプテンとしてチームをまとめ、持ち味のシュートをいかに決められるかを考えて戦ってきます。」と力強い決意を述べました。
 「人間的にもひとまわり大きくなって帰ってくるものと信じている。」と語った細谷監督の思いと同様、前田選手の世界を舞台にした活躍を期待しています。