[戻る]
■世界室内アーチェリー選手権大会準優勝の中村美樹選手が県スポーツ会館を訪問しました。2014. 4.25

 第12回世界室内アーチェリー選手権大会が、2月23日〜3月2日フランスで開催されました。日本代表として女子リカーブに出場した中村美樹選手(日本体育大学4年・鶴岡工高出)が、県アーチェリー協会の後藤正博副会長、日野正晴強化部長、県高体連の野崎剛専門委員長と共に大会の報告に訪れました。
 中村選手は、予選ラウンドで自己ベストを更新して3位に入り、決勝でロンドン五輪銀メダリストのアイダ・ロマン(メキシコ)と対戦し敗れましたが、初の日本代表、初の世界大会出場の舞台で、銀メダル獲得という素晴らしい快挙を果たしました。
 これからも、世界一実現を目指し、リオ五輪・東京五輪への道を突き進んでほしいと願っています。