[戻る]
■新体操ワールドカップに出場した国井麻緒選手が県スポーツ会館を訪問しました。2014. 4.16

 4月3日〜6日、ポルトガルで開催された新体操ワールドカップ2014に、日本代表「フェアリージャパンPOLA」のメンバーとして出場した国井麻緒選手(日大山形高3年/山形RG)が、県体操協会岩田邦弘会長と山形RG石田美恵代表と共に大会の報告に訪れました。
 ポルトガル大会では、団体総合3位、種目別ボール・リボン優勝、クラブ2位、続くイタリア大会では、総合4位、ボール・リボン3位という素晴らしい成果を手に昨日帰国しました。
 国井選手は、ロシアのサンクトペテルブルグに拠点を置き、仲間と共にリオ五輪を目指して厳しい練習を積んでいます。北京五輪で活躍した三沢樹知選手に続くオリンピアンの誕生を心から期待しています。