[戻る]
■アジアエアガン選手権大会に出場した中瀬敦尋選手が県スポーツ会館を訪問しました。2014. 4. 7

 文部科学省委託事業のメダルポテンシャルアスリート育成システム構築事業の一環として、3月7〜14日クウェートで開催されたアジアエアガン選手権大会に、日本のユース代表として出場した中瀬敦尋(なかせあつひろ)選手(県立南陽高校2年)が、同校顧問の加地信彦先生と共に大会の報告に訪れました。
 今回の大会は、中瀬選手にとって初の海外遠征にあたり、アジアの選手と交流した経験がモチベーションにも繋がって、これからも頑張っていきたいと強く思ったそうです。
 中瀬選手は、インターハイや国体でも素晴らしい活躍を見せてくれています。今後のさらなる飛躍を期待しています。