[戻る]
■ソチ冬季五輪スピードスケート男子500mで5位入賞した加藤条治選手が表敬訪問に訪れました。2014. 3.20

 ソチ冬季五輪スピードスケート男子500mで第5位に入賞した加藤条治選手(日本電産サンキョー・山形中央高出)が、恩師である中央高スケート部顧問の椿央先生と共に県体育協会を訪れました。
 2月10日夜から11日未明にかけて行われた男子500mの試合は、山形市霞城セントラルのパブリックビューイングで放映され、県民約300名が詰めかけて声援を送りました。
 加藤選手は3度目の五輪について「落ち着いてソチ入りできたが、結果は少し落ちて5位でした。終わった瞬間は悔しかったが、やるだけのことはやったので充実感で一杯です。バックアップしてくださった方々に感謝しています。」と心境を語りました。
 今後についてはまだ決めていないとのことですが、私たちは4年後のピョンチャン五輪(韓国)での金メダルを期待しています。