[戻る]
■フェンシング欧州カデサーキットに出場した梅津春香選手と高田真帆選手が県スポーツ会館を訪問しました。2013.12.24

 12月3〜10日、「2013フェンシング欧州カデ・サーキットガブリエ大会」がフランスで開催されました。日本代表として出場した梅津春香選手(帝京高校1年、米沢第二中卒)、高田真帆選手(米沢三中3年)が、米沢東高校顧問の高田和典先生と共に大会の報告に訪れました。
 2選手は、フランス大会の前にオーストリア大会にも出場し、世界の強豪と戦ってきた訳ですが、何よりも日本人との試合がし烈だったとのことです。
 1月には世界ジュニア・カデ世界選手権の選考会を兼ねたJOCジュニアオリンピックカップ大会もあり、挑戦のチャンスは来年まで続きます。
 ぜひ世界選手権のキップを握ってほしいものです。