[戻る]
■世界ユース陸上選手権に日本代表として出場する山木伝説選手が表敬訪問に訪れました。2013. 7. 1

 7月10日〜14日、ウクライナで開催される第8回世界ユース陸上選手権大会に、日本代表として出場する山木伝説(やまきかける)選手(九里学園高校3年)が、陸上競技部顧問の原田隆弘氏と共に県体育協会を訪れました。
 この大会は、国際陸上競技連盟が主催のするース世代における陸上競技の世界選手権で、2年ごとに開催されています。
 山木選手の種目は400mで、米沢四中時代に全国中学校体育大会で優勝、高校1年ではインターハイ準優勝、2年の昨年は国体準優勝並び日本ユース陸上選手権優勝と実績を重ねてきました。
 海外での大会出場は初めてとのことですが、この経験をインターハイに活かしたいと力強く語ってくれました。世界を舞台に持てる力を存分に発揮してきてほしいと願っています。