[戻る]
■バレーボールのアジアユース選手権に出場した高橋健太郎選手が報告に訪れました。2013. 2.13

 10月24日〜11月1日、イランで開催された第9回アジアユース男子バレーボール選手権大会に日本代表として出場した高橋健太郎選手(米沢中央高校3年)が、バレーボール部顧問の川口直樹教諭と共に、大会報告に来てくれました。
 高橋選手は、ミドルブロッカーとして全試合にスタメン出場し、チームの中心選手としてブロックとスパイクでチームの勝利に貢献しました。日本は第3位という好成績を収め、5月にメキシコで開催される世界ユース選手権大会への出場権を獲得しました。
 「この大会に出場して自分のレベルが分かり、次に繋がる良い経験になった」と語った高橋選手は、2月18日から全日本のユース合宿が始まり、ジュニアのメンバーにも選出されているため、続いてジュニア合宿への参加も予定されています。
 世界を舞台に、今後さらなる飛躍を期待しています。