[戻る]
■「スポーツ山形21・女子駅伝」の熊坂香織コーチと田中幸選手が「全国都道府県対抗女子駅伝」の報告に来てくれました。2013. 1.15

 「第31回全国都道府県対抗女子駅伝」が13日京都市で行われ、本県チームは21位と奮闘しました。14位だった昨年とほぼ変わらないタイムをマークしましたが、ロンドン五輪の後とあって各県の総合力がアップし、順位が押し下げられる結果となりました。
 目標としていた10位台には届きませんでしたが、エースを欠いた厳しい状況を中高生の奮闘でカバーし、終始安定した順位で襷をつないだ各選手の粘走には、着実に力をつけてきている本県チームの実力を感じます。
 6区を走った主将の田中幸選手は「今回は中高生の頑張りに引っ張られた形になってしまった。来年はもっとレベルアップしたい。」と来年に向けた抱負を語ってくれました。