[戻る]
■「スポーツ山形21・女子駅伝」の田中幸選手が「県女子駅伝」の報告に来てくれました。2012.12.11

 2日に開催された「ヤマザワカップ第29回県女子駅伝競走大会」の最終盤で大逆転し、9連覇のゴールを切った田中幸選手が大会報告に訪れてくれました。
 上山市をスタートし山形メディアタワー前がゴールの20.6`。5区間を県内11チームで競ったレースは、2区で首位に立った酒田・飽海を山形が追う展開となり、アンカー勝負に持ち込まれました。
 「1分30秒以内で襷を受け取れば逆転可能と考え、はやる心に落ち着け、落ち着けと呼びかけながら走った」という田中選手。プレッシャーのかかる中猛然と追い上げ、区間賞の走りで1分14秒差を逆転し、山形チームを9年連続の頂点に導きました。
 この自信を来年1月の都道府県対抗女子駅伝大会に繋げてもらいたいと思います。