[戻る]
■平成24年度山形県体育協会第2回競技力向上委員会が開催されました。2012.10.23

 公益財団法人山形県体育協会の第2回競技力向上委員会が、23日県スポーツ会館で開催されました。
 平成25年8月の東北総体が本県で開催されること、平成26年2月本県開催の冬季国体スキー競技会のテーマ・スローガン・シンボルマークが決定し、「やまがた樹氷国体」に向けた準備が本格的に始動したこと、本協会における競技力向上の取組みは、「全国大会及び世界で活躍する選手の育成と支援をおこなう」ことを大きな柱として強化・激励事業を推進しており、今年はべにばな国体20周年記念事業等を行っていることの報告がありました。
 その後、早坂孝委員長を議長に、第39回東北総体の総括、昨年から28位と大躍進と遂げた第67回国体「ぎふ清流国体」の分析内容が提示され、今後の強化の取り組みについて協議しました。最後に、佐藤通隆スポーツアドバイザー(前事務局長)より、「今後も20位台を確保しさらに上を目指していくためには」について、要点を提示していただき閉会。
 本県スポーツを牽引されている委員の方々から、選手育成の強化策、指導者養成に関わる課題等についてご意見をいただき、新しい山形のスポーツ界へと繋げていけるよう努めてまいります。