[戻る]
■アジア・ジュニア・カデ・フェンシング選手権に日本代表として出場する小原コーチ、戸田選手が県体育協会を来訪しました。2012. 9.26

 10月1日〜4日、インドネシア国バリ島で開催されるフェンシングの「2012アジア・ジュニア・カデ選手権大会」に、日本代表として出場する小原秀樹コーチ(米沢興譲館高校教諭)と同校3年の戸田顕崇(あきたか)選手が、県体育協会を訪れてくれました。
 小原先生は、今回の大会では日本代表チームのカデ男女エペコーチとして選出されています。戸田選手は、今年3月ロシアでの世界ジュニア・カデ選手権大会など、3回の国際大会を経験しており、「これまでの3回の海外派遣で学んだことを生かし、しっかり結果を残して良い報告ができるように頑張ってきます。」と強い決意を語ってくれました。
 いま注目を浴びているフェンシング競技ですが、本県フェンシングの更なるレベルアップのためにも、自信を持って世界大会に挑んでほしいと思います。