[戻る]
■インターハイ水泳競技400m自由形で優勝した長谷川鼓選手が大会報告に訪れてくれました。2012. 9. 4

 全国高校総体「北信越かがやき総体」水泳競技の競泳女子400m自由形で優勝した長谷川鼓選手(鶴岡工業高1年)が、同校の佐藤平校長と水泳部顧問の伊藤泰司先生とともに県スポーツ会館を訪問してくれました。
 長谷川選手は昨年、全国中学大会の同種目で優勝していますが、今回は高校1年ながら大会記録を0秒20縮める4分12秒42で栄冠をつかみました。
また、今春から日本選手権などのハイレベルな争いを経験しながら厳しい練習を積み、インターハイ直後の8月下旬に開催された全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会でも、18歳以下チャンピオンシップ女子800m自由形・同200m自由形で2冠を達成、同400m自由形で準優勝と輝かしい結果を残しました。
 次のリオ五輪の大舞台も視野に入れている長谷川選手ですが、今月中旬から始まる岐阜国体での躍進を大いに期待しています。