[戻る]
■2012フェンシング 世界ジュニア・カデ選手権大会に日本代表として出場する伊勢監督、小原コーチ、戸田選手が県体育協会を来訪しました2012. 3.19

 ロシア国・モスクワ市で3月31から開催される、2012フェンシング 世界ジュニア・カデ選手権大会に日本代表として出場する伊勢幹彦監督(米沢東高校教諭)、小原秀樹コーチ(米沢興譲館高校教諭)、戸田顕崇選手(米沢興譲館高校2年)が県体育協会を来訪しました
 戸田選手は、今大会出場のポイント取得大会となる全国カデ・エペ選手権と東京都カデ選手権で入賞し、今年1月に行われたJOCジュニアオリンピックカップでは準優勝という輝かしい成績を収め、2月のジュニアワールドカップに続いての日本代表入りとなりました。
 また、このたびの大会では日本代表チームのスタッフとして伊勢幹彦監督(米沢東高校教諭)、小原秀樹コーチ(米沢興譲館高校教諭)も選出されました。本県から日本代表に選手・監督・コーチが選出されることは、本県フェンシングのレベルの高さを表すものであり、国際大会でも更なる高みを目指してもらいたいと思います。