[戻る]
■アジアクロスカントリー選手権大会の日本代表として出場する田中 幸選手(スポーツ山形21)が県体育協会を来訪しました。2012. 3.15

 今月24日から中国の清鎮で開催されるアジアクロスカントリー選手権大会の日本代表として出場する田中 幸選手(スポーツ山形21)が県体育協会を来訪しました。
 田中選手は「千葉国際クロスカントリー大会」で第10位となり、また2月25日(土)に開催された「福岡国際クロスカントリー大会」では新谷仁美(佐倉アスリート倶楽部)や絹川 愛(ミズノ)など有力な招待選手が出場する中、一般参加選手として出場し、シニア女子6kmにおいて堂々第5位となり、これらの成績が評価されこのたび代表選出となりました。
 田中選手と同行した恩師である山形城北高校の吉田 進先生も、「実業団でなく、この山形で1人で活動している選手が日本代表となることは素晴らしい快挙であり、県内の高校生にも大きな目標となる」と田中選手を称えました。
田中選手は、日本代表で出場するからにはメダルを目指して精一杯頑張ってきますと力強く語ってくれました。