[戻る]
■「スピードスケート・カルガリーオーバル国際競技会」に出場する坂本永吉選手(山形中央高校2年)が県体協を来訪しました。2012. 3. 5

 13日からカナダのカルガリーで開催される「スピードスケート・カルガリーオーバル国際競技会」に日本代表として出場する坂本永吉選手(山形中央高校2年)が県体協来訪しました。
 坂本選手は今シーズンになって持っていた潜在能力が一気に花開く急成長をみせ、500mにおいてインターハイ第5位、国体第6位、そして、2月に行われた全国高校選抜で準優勝という素晴らしい成績を収めました。その全国高校選抜では唯一100mのラップを9秒台で滑走し、山形中央高校の椿監督が日本短距離界のホープと言うように将来が期待される存在になっています。
競技会では5レースに出場するとのことですが、坂本選手には初めての国際大会で積極果敢に戦い、世界に大きく羽ばたいてもらいたいと思います。