[戻る]
■「スポーツ山形21・女子駅伝」の田中幸選手が「全国都道府県対抗女子駅伝」の報告に来てくれました。2012. 1.19

 今月15日に開催された「第30回全国都道府県対抗女子駅伝」において、昨年の30位から14位へと一気に躍進を遂げた山形県チーム。目標としていた10位台に駆け上がった背景には、全体のチーム力がアップし、終始安定したレースで流れを繋げられたことがありますが、吉田監督が「レースのポイント」としていた4区を走ったのがキャプテンでもある田中選手でした。
 19位で襷を受け取り、「前を走っている選手を追い抜くことだけを考えて走った。」という言葉どおりの快走で、順位を12位まで押し上げてくれました。
 昨年4月本県に戻って選手活動を再開し、中高生と練習を共にして大会ごとに力をつけてきた田中選手ですが、「今回の駅伝では、練習を積んできた自分に自信を持つことができ、楽しく走れた。この結果を来年に繋げたい。」と力強く語ってくれました。