[戻る]
■山形県スポーツタレント発掘事業「YAMAGATAドリームキッズ」第一期生30名が、『競技団体トライアウト』に挑戦しました。2011.12.27

 山形県スポーツタレント発掘事業「YAMAGATAドリームキッズ」のウインターキャンプが、25日から27日までの3日間、山形市総合スポーツセンターで行われ、第一期生30名が、『競技団体トライアウト』に挑戦しました。
 2年間の育成ブログラムを受講した第一期生が中学校進学後に種目を選択するための情報を得て、種目選択のきっかけとなる目的で行われたもので、公開での『競技団体トライアウト』は全国に先駆けての取り組みとなりました。また、競技団体にとっては各競技の魅力をキッズに体験させることにより特性に触れさせ、高い能力のキッズの中から適性ある人材を発掘することができることもあり、15の競技団体が参加しました。
 昨年からスタートした山形県スポーツタレント発掘事業が、具体的に県内の競技団体と結びつくことでキッズの無限の可能性を引き出すとともに、本県競技団体の更なる活性化と競技力向上に繋がるよう期待します。
【トライアウトに参加した競技団体 順不同】
県スケート連盟、県アイスホッケー連盟、県スキー連盟、県水泳連盟(競泳・水球)、山形陸上競技協会、県サッカー協会、県バレーボール協会、県バスケットボール協会、県卓球協会、県フェンシング協会、県ソフトボール協会、県空手道連盟、県なぎなた連盟、県アマチュアボクシング協会、県レスリング協会