[戻る]
■2011フェンシング ドイツ・カデ・サーキット大会に日本代表として出場する雪野選手(米沢東高2年)と高田選手(米沢三中1年)が県体育協会を来訪しました。2011.11.29

 12月8日から14日まで、ドイツ国ゲッピンゲン市で開催される2011フェンシング ドイツ・カデ・サーキット大会に日本代表として出場する雪野汐里選手(米沢東高校2年)と高田真帆選手(米沢三中1年)が、県体育協会を来訪しました。
 雪野選手は、世界カデ選手権大会の日本代表を決めるポイント大会の一つである東京都カデ選手権大会で優勝し、今大会の出場が決定しました。また、高田選手は、全国少年大会の成績により、今大会と1月に行われるイギリスでのカデ欧州サーキット大会に中学生としては初の代表選手に選出されました。
 2人は、12月5日から8日まで国立スポーツ科学センターで合宿を行い、ドイツに向かいますが、本場ヨーロッパのフェンシングを身をもって経験し、練習の成果を発揮して思いっきり戦ってきたいと抱負を語ってくれました。