[戻る]
■山形県スポーツ指導者研修会が、30日行われました。2011.10.31

 今年度の山形県スポーツ指導者研修会が、30日県総合運動公園で行われ、日本体育協会の公認指導者約230名が参加して行われました。
 研修会は3部で構成され、第1部は、「スポーツ基本法制定プロジェクトチーム」のアドバイザイーボードメンバーである勝田 隆氏から「スポーツ基本法から見える新しいスポーツの役割」と題して講演をしていただきました。第2部は、本県でも昨年からスタートした「スポーツタレント発掘事業」について、JOCナショナルトレーニングセンターの松井陽子先生より、全国の動向と、本県の事業プログラム等について紹介していただき、第3部では、日本アンチ・ドーピング機構の小林大祐氏と齋藤里香氏の2人の講師を招き、ドーピング防止に対する理解を深めるとともに、北京五輪出場の斎藤氏から「ベストパフォーマンスを発揮するために」と題して、アスリートとしての体験談を聞くことができました。
内容は下記のとおりです。

平成23年度山形県スポーツ指導者研修会
期日:平成23年10月30日(日)
場所:県総合運動公園
講演T「スポーツ基本法から見える新しい“スポーツの役割”」
  講師:勝田 隆 氏
      筑波大学客員教授(仙台大学教授)文部科学省技術参与
      スポーツ基本法制定プロジェクトチーム・アドバイザリーボード委員
講演U「スポーツタレント発掘事業における育成プログラム構想」
  講師:松井陽子 氏
  JOCナショナルトレーニングセンター
      ・タレント発掘育成支援アシスタントディレクター
講演V「スポーツとアンチ・ドーピング」
  講師:小林大祐 氏 JADA教育情報G・シニアマネージャー
    「ベストパフォーマンスを発揮するために」
  講師:齋藤里香 氏 JADAアスリート委員、ウエイトリフティング北京五輪8位