[戻る]
■第66回国体に出場する選手・監督・コーチに対するアンチドーピング研修会が行われました。2011. 9.16

 第66回国体に出場する選手・監督・コーチに対するアンチドーピング研修会が山形テルサで行われました。今回の講師は、山形県薬剤医師会より公認スポーツファーマシストの田中久美さんが務め、他の公認スポーツファーマシスト2名が同席のもと行われました。
 研修会では、1.ドーピングの基礎知識、2.禁止物質・方法とドーピング検査、3.防ごう「うっかりドーピング」を柱に、パワーポイントの画像によりわかりやすく説明がありました。特に参加者は、市販薬での「うっかりドーピング」があることや、喘息など治療目的であればTUEの申請をすることで可能な薬品もあることを知り、注意深く受講していました。