[戻る]
■「おいでませ山口国体」の主会期を前に山形県選手団結団式が行われました。2011. 9.16

 第66回国民体育大会「おいでませ山口国体」の主会期(10月1日〜10月11日)を前に山形県選手団結団式が、16日(金)に山形テルサで行われました。既に終了した会期前競技では、水泳競技において6種目の入賞を収め、本大会に向けて弾みをつけてくれました。
 結団式では初めに県旗が高橋副知事から金森団長に、金森団長から本県選手団の斎藤 剛選手(成年男子バスケットボール主将)に手渡されました。
 そして、金森団長の挨拶、高橋副知事・県議会副議長の激励の言葉があり、そのあと、加藤条治選手(スピードスケート)とやまがたドリームキッズから激励のビデオメッセージが寄せられ、各競技の監督から力強い決意表明がありました。また、「向上無限」の精神で限りなく国体で上を目指して頑張ってほしいという願いを込め、山形県企業スポーツ振興協議会のご協力をいただき、山形県体育協会が作成した「向上無限Tシャツ」が金森団長から全選手・監督・コーチに贈られました。ぜひこのTシャツを着て、山口国体では「山形旋風」を巻き起こして貰いたいと願います。
 頑張れ山形・・向上無限!!