[戻る]
■東北総体で連覇を果たした山形銀行の菅野選手が県体育協会を来訪しました。2011. 8.30

 第38回東北総体で昨年に続き優勝を果たした成年女子バスケットボールに出場した菅野選手(山形銀行)が山形銀行・県庁支店長とともに大会の報告のため県体育協会を来訪しました。大会は、国体代表決定戦で秋田県と延長戦となり、30秒をきったところで2点をリードされていましたが、残り7秒で同点に追いつき再延長となり、運動量に勝る山形が最後は引き離し、連覇を果たしました。
 成年男子も国体代表決定戦で勝利し、山口国体への切符を獲得しましたし、今年のインターハイでベスト8となった山形商業高校主体の少年女子も大いに活躍が期待できます。一昨年の新潟国体で総合優勝したように、山口国体でも本県バスケット旋風を巻き起こすよう期待いたします。