[戻る]
■ 東北総体に向けたボクシング競技の強化合宿に、県体育協会と県教育委員会が激励訪問に行きました。2011. 8.19

 今年の東北総体を突破し、山口国体で目標とする優秀な成績を収めるため、19日から21日まで強化合宿が日大山形高校ボクシング場で行われていますが、午後の練習に合わせて県体育協会と県教育委員会が激励訪問に行きました。会場は、選手のスパーリングやシャドーボクシング等で汗が飛び交い、熱気に溢れていました。本県のボクシング競技は、第62回秋田国体で競技別総合で準優勝するなど、過去に素晴らしい実績が何度もあり、本県の最も期待している競技の1つで、言わば本県のお家芸競技と言っても過言ではありません。「平気・強気・根気」という言葉が練習会場に掲げてありましたが、大会では平常心で、相手に勝ちたいという気持ちを前面にだし、粘り強く戦って、東北総体を突破することは勿論、山口国体での大きな活躍を期待します。向上無限!!