[戻る]
■東北総体(主会期)を1週間後に控え、アーチェリー競技に対する激励訪問を行いました。2011. 8.19

 東北総体(主会期)を1週間後に控え、19日、県体育協会と県教育委員会がアーチェリー競技に対する激励訪問を行いました。この日は、大会に出場する全種別の選手が庄内空港緩衝緑地(酒田市浜中)に集い、強化練習会を行いました。
 過日行われた「北東北インターハイ」では、鶴岡北高校が本県の過去最高の順位である女子団体準優勝に輝き、本大会でも期待される競技であります。また、成年女子の中村美樹選手(日本体育大学)も、1年生ながら大学の大会で優秀な成績を収めております。東北の競技レベルが高い競技ですが、しっかり勝ち抜き、国体で活躍してくれることを期待します。