[戻る]
■第38回東北総合体育大会山形県選手団の結団式が開催されました。2011. 8.17

 「山口国体」の出場権を懸けた、第38回東北総合体育大会が8月26日から28日までを主会期に行われますが、その結団式が17日、県スポーツ会館で行われました。今年の東北総体は宮城県が開催県となっていましたが、3月11日の東日本大震災の影響により、宮城県での開催競技は約半数となり、残りは東北各県で分担し、本県でも3競技を担当する運びとなっています。既に一部の競技は終了しましたが、今週と来週で23競技が行われ、10月開催の「山口国体」本大会へと続きます。
 結団式では、本大会の団長である金森義弘県体育協会会長から「全競技、全種別が一丸となって東北総体を勝ち抜き、国体を目指して頑張ろう!」と挨拶があり、その後、各競技団体の代表監督から大会に向けた力強い決意が述べられました。
 国体は県民にとって最も注目する身近なスポーツ大会です。これから行われるすべての競技で国体切符を勝ち取り、山口での活躍を誓い合いましょう。