[戻る]
■28日、全国高校総体「なぎなた競技」に出場する天童高校の皆さんが来訪しました。2011. 7.28

 全国高校総体「なぎなた競技」に出場する天童高校3年の大西真子さん、柴崎亜里沙さん、平向啓子さんが、同校なぎなた部顧問の須田真由美先生とともに本協会に挨拶に来ました。
 今年のインターハイは「北の空 君に無限の可能性」の大会スローガンのもと、北東北インターハイとして青森県・岩手県・秋田県の3県で開催され、「なぎなた競技」は、8月19日から秋田県大仙市(大仙市ふれあい体育館)で行われます。
 天童高校からは7名がエントリーされますが、先の東北高校なぎなた競技大会では大西さんが個人総合優勝、大西さんと平向さんの2人で構成する演技競技も優勝するという素晴らしい成績を収めました。来訪した3人の選手からは「山形の代表として精一杯頑張ってきます」「これまでの練習の成果を出せるように頑張ってきます」と、インターハイに向けての力強い決意表明がありました。
 最後に、佐藤通隆事務局長が、「夏休みに入って四国香川の琴平高校に遠征し、また、来月早々にはインターハイの会場で大阪などの強豪チームと練習試合をして大会に臨むと聞いている。本番では余計なことは何も考えず、これまで練習でやってきたことをそのまま演技し、ベストパフォーマンスで臨んでくるように!そしてインターハイの勢いで東北総体を突破し、国体でも活躍してほしい」と激励し、県体育協会特製の「向上無限ソックス」を贈呈しました。
 皆さんには、ぜひインターハイの大舞台で天童高校旋風を巻き起こし、山形県民に大きな感動をいただきますことを期待いたします。