[戻る]
■世界ユース陸上競技選手権(フランス・リール)の槍投げに出場する宮田 涼選手(山形中央高校)が来訪しました。2011. 6.30

 7月6日から10日までフランスのリールで開催される世界ユース陸上競技選手権の槍投げに日本代表として出場する、宮田 涼選手(山形中央高校2年)が、遠藤校長先生・顧問の土屋先生と共に県体育協会を来訪しました。
 宮田選手は、去年12月までは昨年春・夏の甲子園に連続出場した野球部員で、「遠投100mの地肩の強さを生かして新たな可能性を見つけたい」と陸上競技に転向した異色の選手。僅か半年で技術をマスターし、槍投げ選手としては最初の陸上競技会でいきなり64m07を投げ、県高校総体で64m06の大会新記録で優勝、東北高校陸上大会でも準優勝でインターハイ出場を果たしました。これらの活躍が評価され、このたびU-17の選手が出場する世界ユース陸上競技選手権に日本代表として選考されました。
 宮田選手には、フランスのリールでの大活躍とともに、この貴重な経験をもとに、インターハイや国体等で大いに活躍し、山形のスポーツを盛り上げてくれることを期待します。