[戻る]
■今年度の県体育協会第1回競技力向上委員会が21日、県スポーツ会館で開催されました。2011. 6.21

 今年度の県体育協会第1回競技力向上委員会が21日、県スポーツ会館で開催されました。
 今年度は役員改選期であるため、委員会を前に各委員に対して委嘱状が交付されました。委員会では先ず初めに、早坂 孝 委員長から副委員長に冨田 政利氏が指名され、全会一致で承認されました。
 委員会では、平成23年度競技力向上対策について提案され、第66回国体並びに第67回冬季国体に向けた取り組みについて事務局から提案がありました。特に山口国体に向けては昨年度の結果を踏まえて、900点・20位台を目標に、最強チーム・メンバーで取り組むこと、そのためには「ふるさと選手」制度を積極的に活用し、東北総体を突破することが重要であること等が確認されました。
 また、過日本県開催が決まった第69回国体冬季大会スキー競技会の選手強化について、冨田委員から現況の説明があり、早急に強化に取り組むことが確認されました。