[戻る]
■「がんばろう石巻 がんばろう東北 東北は1つ」(その2):鶴岡の稲穂ファミリースポーツクラブが、東日本大震災で被災した方々を元気づけようとボランティア支援を行いました。2011. 5.19

 被災された方々は、避難所生活が長期間になっているため、ストレスを感じているだろうと“温かい夕食提供”のほか、“遊びコーナー”を設けて、心を癒す試みも行いました。鶴岡からサッカー用具やソフトバレーボール、グランドゴルフ用具、ティーボールなどを持参して、子供達と一緒にスポーツを通して汗を流しながら交流を行いました。また、“せんべいつり”のゲームコナーは、避難所生活を送っている子供達から大変好評だったようで楽しく遊んでくれたとのことです。
 これらの企画には、稲穂ファミリースポーツクラブが、夕食を提供するための支援者や物資の提供を募り、参加したクラブ員と一緒に本物の料理人である古庄浩シェフも支援に参加して、温かい料理が振舞われました。また、移動や物品運搬等に必要なマイクロバス、トラック、支援表示ステッカーなども、地元(鶴岡)の業者が活動に賛同し協力してくれたとのことです。
 この稲穂ファミリースポーツクラブによるボランティア支援活動は、6月18日(土)に2回目が実施される予定です。