[戻る]
■「がんばろう石巻 がんばろう東北 東北は1つ」(その1):鶴岡の稲穂ファミリースポーツクラブが、東日本大震災で被災した方々を元気づけようと“温かい夕食提供”などの支援を行いました。2011. 5.19

 5月14日(土)に鶴岡の稲穂ファミリースポーツクラブが、「がんばろう石巻 がんばろう東北 東北は1つ」と、東日本大震災(地震・津波)で家を流され、長期にわたり避難所生活を送っている被災した宮城県石巻市の方々を元気づけようと、独自で“温かい夕食提供”などの支援を行いました。
 この日は鶴岡を朝8時に出発、大人から子供(高校生を含む)までのクラブ員有志27名が支援ボランティアに参加し、石巻市立飯野川第一小学校に避難している約300名に対して、“温かい夕食”(ポークステーキ、豚汁、オレンジ、スパゲティサラダ)の提供を行いました。被災者は、震災後に温かいものを食べるのは初めてという人が多く、大変喜んでくれたとのことです。
(その2に続く)