[戻る]
■安孫子充裕選手(チームミズノ)が、ロンドン五輪に向けた新たな出発の報告のため県体育協会を来訪しました。2011. 4.28

 陸上競技の安孫子充裕選手(チームミズノ)が、この春筑波大学を卒業し、新たな出発の報告のため県体育協会を来訪しました。
 安孫子選手は、4月から「チーム ミズノ アスレティック」(略称:チームミズノ)のメンバーとなり、来年のロンドン五輪を目指しますが、日常の活動拠点は山形に置き、山形陸上競技協会の短距離コーチの助言を受けながら活動します。
 当面は今年8月27日から9月4日まで韓国テグで開催される世界陸上を大きな目標にしながら練習に取り組み、6月の日本選手権に標準を合わせていくとのことです。また、地元の選手達と練習を重ねながら、年代別のメンバーで構成される国体リレーでも上位をねらっていきたいと抱負を語ってくれました。