[戻る]
■本県出身の五十嵐藍選手(山形城北高校出身・シスメックス)が世界クロスカントリー世界選手権大会の日本代表となりました。2011. 3. 2

本県出身の五十嵐藍選手(山形城北高校出身・シスメックス)がスペインで行われる世界クロスカントリー選手権大会の日本代表となりました。五十嵐選手は、26日に行われた福岡国際クロスカントリー大会で3位に入賞するなど、2つの代表選考会での実績からこの度選考されたもので、新谷選手(豊田自動織機)や鎧坂選手(明治大)、佐藤悠基選手(日清食品)など、蒼々たる男女日本代表メンバーの一人となりました。五十嵐選手は、今年の全国都道府県対抗女子駅伝・本県チームのふるさと選手として長丁場のアンカーを務め、有力選手が犇めく中、しっかり順位を確保してくれました。是非世界の舞台でも活躍を期待します。
(写真は全国女子駅伝後の京都山形県人会にて・選手団)