[戻る]
■S・スケート世界ジュニア選手権男子団体追い抜きで、小田卓朗選手(山形中央高校)出場の日本チームが第3位でした。2011. 3. 2

スピードスケート競技で、国体・インターハイの優勝や全日本距離別選手権を高校生として初めて征するなど、数々の金字塔を打ちたててきた小田卓朗選手(山形中央高校)が、現在高校生活を締めくくる海外遠征試合に参加していますが、フィンランドで行われた世界選手権男子団体追い抜きに日本チームのメンバーとして出場し、第3位という結果でした。折しも昨日(3月1日)は、山形中央高校の卒業式でしたが、小田選手は引き続きオランダで開催される世界ジュニアワールドカップに出場した後に帰国し、9日に一人だけの卒業式を行うとのことです。