[戻る]
■第66回国体冬季大会スキー競技会「あきた鹿角国体」B:ジャイアントスラロームは、滝澤宏臣選手が成年男子Cの部で準優勝、少年男子の沖野省吾選手(日大山形)が第6位の入賞を果たしました。2011. 2.16

ジャイアントスラロームは、バンクーバー五輪スキークロス日本代表の滝澤宏臣選手が成年男子Cの部で貫録の準優勝を果たしました。五輪後は、スキーを休んでいましたが、五輪で応援してくれた「県民に恩返しを」と6年ぶりに国体に臨み、練習不足とは思えない底力を見せてくれました。また、少年男子の沖野省吾選手(日大山形)は、49番目のスタートでありながら、積極果敢に攻めたスキーが功を奏し第6位の入賞を果たしました。