[戻る]
■祝:第16回アジア競技大会 金メダル1、銀メダル1、銅メダル4 ハンドボール武田 享選手(東根工高出身)、ダンススポーツ貫名 強選手(鶴岡南高出身)が銅メダルを獲得しました。2010.11.29

 中国の広州で開催された第16回アジア競技会は27日終了し、ハンドボール武田 享選手(東根工高出身)、ダンススポーツ貫名 強選手(鶴岡南高出身)が銅メダルを獲得しました。
 ハンドボールは予選リーグ組1位で進出した準決勝ではイランに29対30の1点差で惜敗し、決勝進出を逃しましたが、3位決定戦ではサウジアラビアに27対20で快勝し第3位で銅メダルを獲得しました。
 今回のアジア競技大会で新たに正式種目となったダンススポーツには貫名選手が出場し、スローフォックストロットで銅メダルに輝き、スタンダード5種目では第4位という結果でした。
 その結果、アジア競技大会への本県出身者11名中6名が金メダル1、銀メダル1、銅メダル4のメダルを獲得するという素晴らしい活躍でありました。