[戻る]
■山形県スポーツ指導者研修会が30日(土)に開催されました。(その3)2010.10.31

 実技研修は、小林敬和氏(JOCナショナルトレーニングセンター・専任コーチングデレクター、中央学院大学教授)を講師に、「ユース&ジュニアのためのクォリティーコーチング」というテーマで行われました。
 研修は、先ず受講者250人を約10人ずつのグルーピングが行われ、その中でコーチ(指導者)、リーダー(キャプテン)、選手役となり、小林先生から示された指導のコツをコーチがリーダーに伝達し、さらに選手に伝えることができるかという、伝達指導スキルの実習を行いました。
 また、その伝達指導スキルの中で、小林先生が専門であるスタビライゼ−ショントレーニング(体幹トレーニング)が紹介され、参加者は興味深く、熱心に汗を流し受講していました。実技研修が終了してからも、受講者からの質問の人垣が出来るほどの反響でした。
 小林先生からは、本県で今年からスタートした「山形県タレント発掘事業・ドリームキッズ」の中央講師として今年度末に指導をいただくことになっています。


【山形県スポーツ指導者研修会内容・講師】
 
 講演 「目標を達成するための指導者の役割」
    講師:川本和久 氏(福島大学教授 同大学陸上競技部監督)

 研究協議「総合型地域スポーツクラブと公認スポーツ指導者の関わり」
    コーディネーター 
       鈴木朝夫 氏(山形県体育協会生涯スポーツ推進委員)
             (寒河江市総合スポーツクラブアスポートさがえ会長)
    パネリスト 
       八鍬博幸 氏(Oh!蔵SPORT クラブマネージャー)
       中川広幸 氏(二井宿地区スポーツクラブ事務局長)
       村田朋子 氏(稲穂ファミリースポーツクラブマネージャー)

 実技研修「ユース&ジュニアのためのクォリティーコーチング」
    講師:小林敬和 氏(NTC専任コーチングデレクター中央学院大学教授)