[戻る]
■24日(日)、陸上競技U−18アスリート発掘育成プロジェクトが開催され、本県の高校生が元オリンピック選手から指導を受けました。2010.10.25

 日本陸上競技連盟主催のJAAF平成22年度U−18アスリート発掘育成プロジェクトが24日(日)に県総合運動公園NDソフトスタジアム山形で開催され、県内の高校生約350人が参加しました。
 全国各地で開催されるこの事業は本県では初の開催で、杉本龍勇氏(法政大学)など、オリンピックや世界選手権などの元日本代表選手6名が講師を務め、参加した高校生は専門技術を真剣に学びました。
 なお、講師の小林敬和氏(中央学院大学・ナショナルトレーニングセンター専任コーチングディレクター)は、今週30日(土)に県体育協会が主催する山形県スポーツ指導者研修会の実技指導者でもあります。

※講師は下記のとおり(敬称略)
  短距離  杉本龍勇(法政大学)
  中長距離 下重庄三(福島県立田村高等学校)
  ハードル 小林敬和(中央学院大学)
  跳躍   伊藤信之(横浜国立大学)
  投擲   日渡勝則(栃木県立真岡工業高等学校)
  総括   清水茂幸(岩手大学)