[戻る]
■「総合型地域スポーツクラブサミットin山形」が、24日(日)に県総合運動公園で開催されました。2010.10.25

 「総合型地域スポーツクラブサミットin山形」が24日(日)に天童市の県総合運動公園で開催されました。
 サミットでは午前中、ソフトボール女子の2000年シドニー五輪銀メダリストの松本直美さんの基調講演が行われました。松本さんは、自身の選手生活からの経験を踏まえて、地域の中でのスポーツ環境づくりや指導方法などについて触れ、指導者と選手がコミュニケーションをとることの重要性や、スポーツが人と人とのかかわり方や人間形成に大いに役立つこと、スポーツを通じて明るい社会つくられることなどを熱く語り、オリンピックメダリストならではの貴重な話を聴くことができました。
 午後からは、日本体育協会クラブ育成委員会中央企画班員の伊倉晶子氏をコーディネーターに、富山県の西川秋子さん(NPO法人こすぎ総合スポーツクラブきらり副理事長)と東京都の土屋由紀さん(烏山スポーツクラブユニオン事務局長)がパネリストとなりシンポジュウムが行われました。全国で特色ある活動を実践しているパネリストからは、クラブの魅力づくりや運営についての発表があり、また、各地区のクラブの情報交換や連携促進のための積極的な意見も出され、充実したシンポジウムとなりました。