[戻る]
■水球の本県少年男子が、東北総体全勝の圧倒的な強さで、千葉国体出場決める!2010. 8. 2

 千葉国体の出場権(1/6)をかけて行われた第37回東北総体水球競技は、岩手県盛岡市立総合プールで福島県を除く5県でのリーグ戦を行い、本県少年男子(山形工業高校)は4戦全勝で圧倒的な強さで2連覇を果たし、2年連続の国体出場を決めました。
 今年の山形工業高校は、高校3年生が中学時代にジュニアオリンピックで全国優勝、高校2年生が準優勝を果たしたメンバーが多数おり、全国の頂点を狙えるチームであります。インターハイ前は大学の強豪チームを迎えての強化練習を実施し、沖縄に向かうとのことですが、ぜひ頂点を極めて、来る9月14日からの千葉国体でも大活躍を期待します。「向上無限!!」