[戻る]
■第92回全国高校野球選手権大会に出場する県立山形中央高校の皆さんが来訪しました。2010. 7.30

 全国高校野球選手権山形県予選会決勝で見事優勝を果たし、第92回全国高校野球選手権大会に初出場を決めた、県立山形中央高校の遠藤啓司校長先生、庄司秀幸野球部監督、奈良ア匡伸主将(体育科3年)、武田航輝学生コーチ(普通科3年)が出場決定報告のため来訪しました。
 庄司監督は、「夏の甲子園大会でも県民の皆さんから応援してもらえるよう、一戦一戦精一杯戦ってきます。」、奈良ア主将は「山形県の代表としての誇りをもち、優勝目指して頑張ってきます。」武田学生コーチは「県大会で敗れた54校の分までベストを尽くしてきます」とそれぞれ力強い決意表明がなされました。
 山形中央高校は今春の選抜大会(21世紀枠出場)に続く春夏連続出場で、公立高校としての夏の甲子園は16年ぶりの出場です。ぜひ甲子園では中央高校旋風を巻き起こし、山形県民に深い感動をいただきますことを期待いたします。