[戻る]
■ リオ五輪アジア大陸予選等各種大会に出場した水球女子のメンバーが表敬訪問に訪れました。2016. 1. 5

 昨年開催されたFINA世界女子ジュニア水球選手権やリオデジャネイロ五輪アジア大陸予選会など各種大会に水球女子日本代表として出場したメンバーが、県水泳連盟水球委員長の齋藤秀樹氏(山形工業高教諭)と共に、県スポーツ会館を訪れました。
 リオ五輪の出場権をかけたアジア予選には、日本代表13名のうち本県出身の選手5名(曲山、三浦、高橋、細谷、鈴木)が出場しました。惜しくも中国に敗れ、出場が見送られる予定でしたが、3月オランダで開催される世界最終予選への派遣が決定しました。
 本日訪問した選手全員が山形工業高校出身であり、日本を代表する中心選手として活躍しています。世界最終予選のメンバーは確定していませんが、男女共にリオ五輪への出場権を獲得してほしいものです!!

水球女子選手は下記のとおりです。

曲山 紫乃(まがりやま しの)日体クラブ/SVBayerUerdingen(ドイツ)
三浦里佳子(みうら りかこ) 日体クラブ/白鵬女子高校教諭
高橋 綾佳(たかはし あやか)日体クラブ
細谷 香奈(ほそや かな)  日本体育大学3年
齋藤 有寿(さいとう ありす)早稲田大学2年
羽角 萌香(はすみ もえか) 日本体育大学1年
鈴木 琴莉(すずき ことり) 秀明大学1年(本日は合宿のため欠席)